まめは毎日学校が終わると学童クラブにかけこんで
ヘトヘトになるまで遊び
集団下校で同じ方向のバスに乗るクラスメイトや上級生とも仲良くなって
1人で立派に帰ってくるようになった。

もっと時間がかかるかと思っていたのにたくましいもんだ……
甘えん坊のまめをそこまでにしたのは私たち親ではなくて
クラスメイトや上級生なんだなあとおもうとありがたいやらキュンとするやら。
色々な人たちがまめを育ててくれているのです。

そんなこんなで御多分にもれず小学生になった途端に手のかからなくなったまめ。
保育園の頃とは違って日中に電話がかかってくることもなくなり出番のなさに少し寂しさすら感じるほどですから
はじめて学童クラブから電話がかかってきたときはさすがに肝が冷えました。


※画像をタップすると大きく表示されます

IMG_2929


いやもう本当に取り越し苦労でよかった。
心配のあまりわたしがフライング質問してしまったせいなんですが

ようは「怪我は大したことないんですが後で何らかの症状が出るなどがあった時のために、ご家庭には連絡をすることになっているので……」ということだったらしいです。

3年生ふたりがせっせと世話を焼いてくれてほんとうにうれしかった、
というようなことを帰宅してから延々と聞かされました