8月いっぱいで公式ブロガーを辞退させていただき、少しお休みしていた間にしれっとブログをリニューアルしました。

公式ブロガーで居続けるには決まった回数以上の投稿ペースとある程度の
PV数を維持する必要があります。夫の病気のこともあって、それは難しくなりそうだということがわかっていたのがまずひとつの大きな理由。そしてこのブログが「子育て絵日記」カテゴリに分類されていたことを考えると、そろそろ「子どもたち自身のエピソード」だけを扱うには限界を感じていた折、この辺が引き際だなと判断しました。


それからこれは私自身の問題なのだけれど、好きでやっている分にはいくらでもできていたはずのことが、ノルマがうまれた途端にしんどくなるんですね。同じペースでやっているくせに不思議。
絵や文章を書くのは私にとって親友とコミュニケーションをとっているような「遊び」の感覚なので、しんどくならないペースで楽しみたいですね。親友といえど束縛したりされたりはお互い息苦しくなるだけだし。



IMG_5455

ちなみにタイトルの「イカは海にいる犬」は夫の言葉です。まめがぽつぽつと言葉を発するようになったころ、イカを指差して「わんわん」と呼んだことがありました。夫はその真偽よりもまめが言葉を発するようになったことが嬉しかったのでしょう「イカは海にいる犬みたいなものだから正解!」と概念を捻じ曲げて着地させ、私は驚いた。

編集者という職業柄なのか、私の言葉に対してはやたらと厳密に訂正を入れてくる「存在そのものが校閲」みたいなあの夫が!愛ってすごいなと感心した出来事だったので、私はこの「イカは海にいる犬」という言葉を折に触れて思い出します。愛はイカを犬にも変えるんだ。

思い返せば私だって夫からそんなふうに扱われていた時代があった。今は愛のステージが変わっただけ。長く一緒にいれば関係性はアップデートするもので、まめももう少ししたら小うるさく言葉遣いを訂正されるようになるのだろうし、それを少し煩わしく思いながらも人前で話すとき、文章を書くとき、ふと父親に感謝したりなんてこともあるのかな。今の私みたいに。

IMG_5457